いなば歯科クリニック

福岡市早良区/口コミで評判の歯科医院いなば歯科クリニック

〒 814-0032
福岡市早良区小田部5-8-1

092-401-0178092-401-0178

診療時間
09:00 ~ 13:00//
14:00 ~ 19:00//

※休診日:祝※ ▲土 午後14:00~17:00
※ 金 午前9:00~12:30 午後14:30~19:00
(第3金曜日は17時まで)

  • メール相談

キービジュアル

入れ歯治療

全ての歯がない場合の治療法としてよく知られているのは、総入れ歯です。
その他には、インプラントで1本1本の歯を作る方法、総入れ歯とインプラントを併用した治療法などがあります。
それぞれのメリット、デメリット、費用を見てみましょう。

全ての歯を失ったときの3つの治療法

1.全ての歯を失った時の選択肢

全ての歯を失った時の治療法は3つあります。
総入れ歯を入れる治療法、失った歯を1本1本インプラントに置き換える治療法、
インプラントオーバーデンチャー(インプラントを併用する総入れ歯)です。

2.保険診療の総入れ歯のメリット・デメリット・費用

保険診療での総入れ歯は、人工の歯と歯肉をプラスチックで製作します。

2-1.保険診療の総入れ歯のメリット

①治療を希望されるほとんどの方に装着可能(適用範囲が広いため)
②修理が容易(材料がプラスチックのため)
③費用負担が少ない(保険診療のため)

2-2.保険診療の総入れ歯のデメリット

①違和感がある
金属を使用しない分壊れにくいように厚く作るので、違和感を強く感じます。
また、上あごなどの口の中の広い範囲を覆うため、食べ物の温度や味がわかりづらかったり、発音しにくくなることもあります。

②使用により臭い、汚れ、変色、すり減りが起こる
材料がプラスチックのため、お手入れを怠ると臭いや汚れがつき、長期間の使用により人口歯の変色やすり減りで噛みづらくなります。

③壊れやすい
すべてプラスチックで制作するため、噛む力が強い場合壊れることがあります。

④6か月以内に作り替えることができない
保険診療の適用では、基本的に6か月間は作り替えることができません。

2-3.保険診療の総入れ歯にかかる費用

保険診療での総入れ歯の自己負担額は、1割負担で約7千円、3割負担で約2万円です。

3.自費診療の総入れ歯のメリット・費用

個人に合わせて、最適な材料や技術で製作できます。

3-1.自費診療の総入れ歯のメリット

①材料や技術の制限がない
保険診療には制限がありますが、自由診療では材料や技術に制限がありません。
使い心地がよく、自然な見た目で違和感なく、耐久性も高い入れ歯の制作ができます。患者様それぞれの要望を取り入れ、最適な総入れ歯の製作が実現できます。

②耐久性向上・違和感減少(金属を使用)
金属を使用すると、強度があり耐久性も大幅に向上します。壊れにくくなるため、長期間の使用が可能です。また、薄くすることができるため、違和感が少なく温度感覚も改善されます。

③安定性・噛む力の向上(アタッチメントを併用)
歯根が残っている場合、入れ歯を固定する装置(アタッチメント)を取り付けると入れ歯の安定や噛む力を高められます。また、神経が残っていれば、噛み応えを感じることができ顎の骨が痩せる予防にもなります。

④快適な使用感(シリコーンを使用)
入れ歯と触れる歯肉部分に、柔らかいシリコーンを使用するので、痛みなく快適な使用感になります。

⑤歯科医師と歯科技工士の技術が高い
総入れ歯は、単に材料が良ければぴったりお口に合うというわけではありません。お口の型取り、噛み合わせの調整などの正確な技術があることで、お口に合った機能的な総入れ歯になります。専門知識のある歯科医師と歯科技工士の高い技術が必要なのです。

4.インプラントオーバーデンチャー(インプラント併用の総入れ歯)の
メリット・デメリット・費用

インプラントオーバーデンチャー(インプラント併用の総入れ歯)とは、インプラントを必要最小限の数だけ使用し、総入れ歯を装着する治療法です。
総入れ歯は、噛みにくさや使用感が悪いなどの欠点があり、全ての歯を1本1本インプラントにする治療は、体と費用の負担が大きくなります。
インプラントオーバーデンチャーは、体の負担と費用を抑え、総入れ歯の欠点を減らせます。

4-1.インプラントオーバーデンチャーのメリット

①安定感
インプラントには種類があり、インプラント同士をつなぐ金属製の棒や、磁石を利用すると、総入れ歯を安定させ維持することができます。

②噛む力の向上
インプラントは顎の骨に固定し支えるので、入れ歯の不安定さや痛みが減り、噛む力も格段に向上します。

③顎の骨が衰えにくい
総入れ歯と比べて、噛んだ時に骨にも力がかかり適度に刺激するため、顎の骨が衰えにくくなります。

④違和感が少ない
自分の歯で噛んでいる感覚があります。また、総入れ歯よりも小さくできるので、お口全体の違和感が減ります。

4-2.インプラントオーバーデンチャーのデメリット

①手術が必要
インプラントを入れる手術が必要なため、全身疾患があったり、インプラントの管理が難しい生活習慣やお口の状態に問題がある場合は、適応外となります。

②長い治療期間
インプラントが顎の骨としっかり固定するまで、数か月かかります。また、インプラントを入れるために必要な骨量が不足であれば、骨造成の施術も必要となります。

③費用が高い
自費診療の総入れ歯の費用プラス、インプラントの費用が加わるため、高額となります。

まとめ

総入れ歯は、違和感がある、使いにくいというイメージがありますが、種類と治療法はとても多く、患者様それぞれに合ったものを制作することが可能です。

より良い総入れ歯の治療法を選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。