いなば歯科クリニック

福岡市早良区/口コミで評判の歯科医院いなば歯科クリニック

〒 814-0032
福岡市早良区小田部5-8-1

092-401-0178092-401-0178

診療時間
09:00 ~ 13:00//
14:00 ~ 19:00//

※休診日:祝※ ▲土 午後14:00~17:00
※ 金 午前9:00~12:30 午後14:30~19:00
(第3金曜日は17時まで)

  • メール相談

歯周病と低体重児出産

2015.08.06

歯周病と低体重児出産


今回は歯周病による早産・低体重児出産についてお話します。

低体重児とは、生まれた時の体重が2500㌘未満の赤ちゃんのことで、

低体重児が生まれる原因としては早産や子宮で赤ちゃんがうまく育たないことなどが挙げられます。

早産とは妊娠22週~36週の間に通常よりも早く出産してしまうことです。

早産の原因としてはお母さんの健康状態や喫煙習慣など様々ですが、感染症もその一つとされています。

感染症によって炎症が起こるとそれに伴って身体は様々な物質を作り出します。

この物質の中には子宮を収縮させて出産を促す炎症物質も含まれており、早産を引き起こしやすくします。

妊娠中はつわりで食事リズムが不規則になる事、歯磨きを十分に行えない事、

胎盤で作られるホルモンにより歯周病菌が増殖しやすくなる事で歯周病が悪化しやすくなります。

重い歯周病にかかった母親は早産や低体重児出産のリスクが高くなることも報告されています。

これらのことから、妊娠する前から歯科医院で定期健診を受け、歯周病を予防・治療するといった準備が重要となってきます。

お母さんがオーラルケアを身に着ける事は赤ちゃんを元気に育て、守ることにも繋がります。