いなば歯科クリニック

福岡市早良区/口コミで評判の歯科医院いなば歯科クリニック

〒 814-0032
福岡市早良区小田部5-8-1

092-401-0178092-401-0178

診療時間
09:00 ~ 13:00//
14:00 ~ 19:00//

※休診日:祝※ ▲土 午後14:00~17:00
※ 金 午前9:00~12:30 午後14:30~19:00
(第3金曜日は17時まで)

  • メール相談

歯周病はお口の中だけのトラブルじゃない?

2015.07.06

歯周病

歯周病はお口の中だけのトラブルだと皆さん思ってらっしゃいませんか?

実は歯周病は、前回お話しした歯を支える骨を溶かす以外にも身体の至る所に悪さをします。

女性の場合は妊娠にも影響するのでしっかりお口のケアを行いましょう。

歯周病が全身へ及ぼす悪影響

歯周病による疾患

①妊娠・・・歯周病の菌が全身の感染症を引き起こし、それが影響して早産や未熟児出産の原因になると考えられています。健康な人に比べそのリスクは約7倍といわれます。

②呼吸器・・・歯周病の菌を唾液や食べ物と一緒に誤嚥(むせる)してしまうことによって、その菌が気管支や肺に入り込み肺炎などを引き起こします。手の筋力が落ちてきて歯磨きが行き届かず、食べ物を飲み込む機能が落ちてきてむせやすい高齢の方がなりやすいです。

③糖尿病・・・歯周病の菌が作り出す毒素がエネルギーの消費を邪魔し、肥満の原因になります。また、糖尿病になると歯周病が悪化し、その悪化が糖尿病をもっと重くして感染症やその他の病気に罹りやすくなっていくという悪循環に陥っていきます。

④脳血管疾患、心疾患・・・歯周病によって炎症が続く状態は脳や心臓の血管に悪影響を与えます。また、歯周病の菌が血管に入り込むと動脈硬化を引き起こすとも考えられています。また心内膜に付着し増殖して心内膜炎を発症したり、その他にも狭心症、心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こします。歯周病をもつ心疾患患者の死亡率は約2倍とも言われています。

⑤関節炎・・・歯周病があると常に身体は炎症を起こした状態となります。炎症により生じる毒素が関節炎を引き起こすことがあります。

⑥骨粗鬆症・・・骨の中にも血がめぐっています。歯周病の菌が血管に入り込みぼろぼろに弱くします。

歯周病の菌が増えてお口から身体全体へと行ってしまう前に、日頃の口腔ケアや歯科医院へのメンテナンスを欠かさないように心がけましょう。