いなば歯科クリニック

福岡市早良区/口コミで評判の歯科医院いなば歯科クリニック

〒 814-0032
福岡市早良区小田部5-8-1

092-401-0178092-401-0178

診療時間
09:00 ~ 13:00//
14:00 ~ 19:00//

※休診日:祝※ ▲土 午後14:00~17:00
※ 金 午前9:00~12:30 午後14:30~19:00
(第3金曜日は17時まで)

  • メール相談

レントゲンの被ばく量について

2020.04.09

以前レントゲンについてお話しましたが、今回はレントゲンの被ばくについてお伝えしたいと思います。

レントゲンの身体への影響ですが、放射能や被ばくというと特別なことのように聞こえますが、実は誰もが毎日放射線源を浴びて生活しています。

テレビや電子レンジなどの電子機器からも出ていますし、飛行機で東京~ニューヨーク間を往復すると200マイクロシーベルトの放射線源

を浴びると言われていますが、歯科のレントゲンは一回で1~8マイクロシーベルトなので大きな被害を受けることはありません。また取り

込まれた放射線源は新陳代謝によってある程度排出されるため、気にする必要はありません。

とはいえ、妊娠中や授乳中であれば気になると思います。実際影響はないと言われていますが、当院では念のため緊急時以外は極力

撮影していません。ですので、妊娠中であれば一度相談する事が望ましいでしょう。

レントゲンと言っても、お口全体を撮影するパノラマレントゲン、小さい範囲で撮影するもの、お顔を横から撮影するセファロレントゲン

や、3D画像で診る事ができるCTレントゲンなど種類がたくさんあります。撮影する種類によってもちろん被ばく量も変わってきます。

この中ではCTレントゲンが一番被ばく量は多くなりますが、それでも心配いらない程度の被ばく量です。

適切な診断を行うためにレントゲンはとても重要になってきます。また、肉眼では見ることができない銀歯の中の虫歯や、歯周病の進行具

合(歯槽骨の溶け具合)もレントゲンがないと診断できない事がありますので、自覚症状がなくても定期的に(一年に一度程度)レントゲ

ンを撮影する事をおすすめします。

当院では、定期的な虫歯チェックとクリーニングをお勧めしていますので3~4カ月ごとに定期検診を受けましょう。

早良区 小田部 いなば歯科クリニック