いなば歯科クリニック

福岡市早良区/口コミで評判の歯科医院いなば歯科クリニック

〒 814-0032
福岡市早良区小田部5-8-1

092-401-0178092-401-0178

診療時間
09:00 ~ 13:00//
14:00 ~ 19:00//

※休診日:祝※ ▲土 午後14:00~17:00
※ 金 午前9:00~12:30 午後14:30~19:00
(第3金曜日は17時まで)

  • メール相談

修復治療の過去 インレー修復①

2013.07.27

インレーとは、小さい銀歯のことです。みなさんやお知り合いの口の中にも

大体はいっていることが多いです。保険診療で認められ12%の金銀パラジウム合金を

使うことが決められています。国が認めている治療ですが、残念ながら

30年前の治療と言わざるをえません。

その治療法自体に問題があります。

その理由は

①アンダーカットをなくすため歯質削除が避けられない。

②維持、保持形態を付与するための歯質削除が必要。

③象牙質に達する窩洞となるため接着が確実に行われない。

④ ③の結果、インレーと接着していない象牙質から虫歯を再発する危険性があった。

⑤ ④のことより脱落の危険性があった。

⑥ ④、⑤のことより再処置に至った場合、歯冠修復処置の大型化を招来しやすかった。

⑦ ⑤、⑥のことから抜髄、抜歯に至る危険性を有していた。

すなわち、虫歯治療として感染歯質を除去したものの、それにより生じた歯質の欠損を

インレーやアンレーの修復を用いて回復しても、それが一過性の意味しかもたなかったり

あるいは初発の虫歯をその段階で食い止めることについても限界があったのである。

この問題はカリオロジーの登場により解決すべき問題と認識され、またデンチンボンディングの

登場により解決可能な問題となりました。