いなば歯科クリニック

福岡市早良区/口コミで評判の歯科医院いなば歯科クリニック

〒 814-0032
福岡市早良区小田部5-8-1

092-401-0178092-401-0178

診療時間
09:00 ~ 13:00//
14:00 ~ 19:00//

※休診日:祝※ ▲土 午後14:00~17:00
※ 金 午前9:00~12:30 午後14:30~19:00
(第3金曜日は17時まで)

  • メール相談

pH緩衝作用とは?

2020.11.27

歯周病

虫歯を抑制する作用の中で、特に重要な役割を果たすのが”pH緩衝作用”と考えられます。

虫歯はプラーク中の糖質が取り込まれ、その中でミュータンス菌などが糖質を代謝し酸を作り、歯を脱灰します。

しかし、唾液中の重炭酸塩が酸生成の初期段階よりプラーク中に侵入してpH緩衝能を発現し、酸による脱灰を抑制する効果があります。

安静時には唾液中の重炭酸塩の濃度が低く、pH緩衝作用は期待できません。食後の安静時に虫歯が進行することを考慮すると、酸の生成初期に刺激時の唾液による緩衝作用でpHの低下を抑え、その状態を持続することが必要です。

バイオフィルム化したプラークを唾液で完全に洗い流すことは困難で、プラーク中の酸生成は数分以内に完成しているため、食後数分でうがいや歯磨きをしたとしても、酸の脱灰は始まっています。なので自浄・洗浄作用の効果よりもpH緩衝作用の方が力を発揮すると考えられています。

早良区 小田部 いなば歯科クリニック