矯正治療の種類| 福岡市早良区 いなば歯科クリニック

矯正治療

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、ブラケットという装置を歯に取り付け、そこにワイヤーを通して力を加える事により歯を動かしていく最も一般的な矯正法です。

このワイヤー矯正はシンプルにして最も確実に治療を行えるスタンダードな方法なので、広く普及しています。一般的に「歯列矯正」とはこのワイヤー矯正を指します。

この方法では、歯にブラケットを接着させるため、見た目が良くありません。
しかし当院では金属以外の「目立たないブラケット」も取り揃えておりますので、気になる方は是非お問合せください。

目立ちにくい矯正装置(白いブラケット)

こちらは従来の金属ブラケットではなく、樹脂やセラミックなどで作られた白いブラケットを使用する事で、目立ちにくくする方法です。

ワイヤー矯正のメリット

確実に歯列矯正を進められる最もスタンダードな治療。

ワイヤー矯正のデメリット

歯の表面に矯正装置をつけるため目立ちやすい。
装置をつけることで虫歯のリスクが高くなる。

ワイヤー矯正の治療の流れ、治療期間

矯正相談⇒ワイヤー装着⇒定期的なワイヤー調整⇒保定
基本は上記の流れで行います。矯正治療期間は症例により異なります。

術前検査・虫歯や歯周病の治療・抜歯など

まずは矯正を行うにあたり必要な検査を行います。
この時に虫歯や歯周病がある場合は、矯正を始める前にそれらの治療を行います。
※場合によっては歯を抜く事もあります。(特に親知らず)

ワイヤーによる歯の移動(動的矯正期間)

平均的には2年程度ですが、歯を抜かずに済むような簡易矯正では半年~1年程度で終わることもありますが、難しいケースでは3年以上かかることもあります。
治療期間中は、1~2ヶ月に1回程度来院し、ワイヤー調整を行う必要があります。

保定(ほてい)

矯正装置で動かした歯は放置しておくと元に戻ろうとします。そのため、矯正治療が終了した後には歯の後戻りを防ぐために「保定装置」を装着しなければいけません。

保定装置は取り外し式のものや歯に針金を貼り付ける方法など様々な方法があり、期間も1~2年程度のものから様々です。

この「保定」をちゃんと行わないと、せっかくきれいに並んだ歯が後戻りしてしまいます。
(保定期間中も数ヶ月に1回程度通院が必要になることがあります)

ワイヤー矯正の費用・料金

矯正基本料 56万円~+消費税 (上下とも矯正を行った場合。大体の相場です)
診査・診断料 無料 ※当院では基本料に含まれます
ワイヤー調整料 1回5,000円+消費税 (ワイヤー調整は1~2ヶ月に1回程度)

0568-83-0008

初診のご予約