なぜ、メタルフリーが重要なのか | 福岡市早良区 いなば歯科クリニック

メタルフリー治療

なぜ、メタルフリーが重要なのか

近年重要視されているメタルフリーの考え方について説明したいと思います。

まず、メタルフリーとは従来の金属のかぶせものや支台を使わない歯科治療の事です。

日本の保険治療の詰め物やかぶせものには金属が使われているのですが、この金属が口の中で帯電したり溶けてしまったりして様々な問題が出てしまうのです。

メタルフリーにするメリットとして、アレルギー防止が挙げられますが、実はメタル素材を使わない事で、素材の化学的な結合を期待でき接着力を10倍にできる点があります。
切り口が違いますが、施術をする側からすれば(耐久性にも反映されます)、とても重要な要素と言えます。

そして、金属を長い期間、口腔内に入れていると掌蹠膿疱症(金属アレルギーによる水疱)になる可能性があります。最近では金属によるホルモンバランスの乱れや免疫力の低下なども問題視されるようになりました。
そこで、金属を使わない、いわゆる【メタルフリー】治療が注目を集めたというわけです。

当院でも、

  • オールセラミック 陶器を使用した耐久性、審美性ともに優れた素材
  • ハイブリッドセラミック プラスチックとセラミックを混ぜ、耐久性を高めた素材

を使用し、メタルフリー治療を実現させています。

人によってはメタルフリーにしたことにより、肩こりや頭痛が改善されたという例もあります。
素材選び一つとっても、心身の健康に大きな影響をもたらす事がうかがえます。
自分の家族には、金属の無い治療をしてあげたい。
そんな気持ちから、いなば歯科クリニックでは、メタルフリー治療を推進していきます。

治療例

神経を取って、銀歯をかぶせるほど歯は無くなる!?

ショックを受ける方もいらっしゃるかも知れませんが、これは事実です。

患者様からもよく「歯を治して下さい」と言われますが、歯の治療は「修理」に近いものですので、修理したものはいつかは壊れます。残念ながら現在の歯科治療は基本的に失ったものを復活させるものではなく、虫歯の進行を食い止める作業でしかないのです。

痛みを伴った虫歯が発見された時、神経を取れば痛みを治める事ができます。

しかし、神経を取ってしまえばもう二度と再生する事はできません
そして、神経を取ると歯の寿命は20年縮まります。
これは論文ベースで統計が出ているのです。
神経を取った歯は枯れ木のようにモロくなります。
そんな脆くなった歯を支えるために、金属の芯棒(メタルコア)を入れます。

このメタルコアが歯よりも固いために歯が割れる可能性が高まります。
その上に銀歯をかぶせる事になるのですが、銀歯ではぴったり合わせる事が難しいため虫歯の再発リスクが高まります。 この場合、虫歯の進行に気づかず根の深い部分が虫歯に侵され取り返しのつかない状態にまで放置されてしまうのです。

いなば歯科クリニックでは、できるだけ歯を削らずセラミック修復をしたいと考えています。
なぜなら、それが歯を残すための最善の選択であり、自分の家族にしたい治療だからです。

0568-83-0008

初診のご予約