セラミック治療 | 福岡市早良区 いなば歯科クリニック

セラミック治療

見た目の良さだけでなく健康になるセラミック治療

セラミック治療とは、虫歯治療の時に通常の保険治療で使われる金属素材を使わない治療です。

通常の保険治療では「銀歯」と呼ばれる合金を使用するのですが、最近では金属アレルギーや虫歯の再発リスク、そして何より「見た目」を気にされる方が増え、「健康面」や「見た目」「耐久性」が優れた材料を求める人が多くなっています。

金属のかぶせものは、種類によってはアレルギー症状が引き起こされる場合があります。
特に昔使われていた「銀歯」は、水銀が含まれているアマルガムという素材が使われている可能性があります。

「銀歯」の歴史は古く、第2次世界大戦中に厚生労働省によって導入されたといわれています。
導入のきっかけは「コストの安さ」と「比較的長持ちする」からです。

しかし現在では、健康面や耐久性においても銀歯治療は時代遅れと言っても過言ではありません。実際に世界の先進国でこのような旧式の治療が続けられている国は日本くらいのものです。

診療をしていると、保険治療が「国で認められた正しい治療」というイメージを持たれている方も少なくありません。しかし、日本の保険治療は限られた財政の中で国民全員が受けられるように設計された最低限の治療です。

国民のほとんどが健康保険を使って治療できること自体は本当に素晴らしいのですが、高齢化社会の中で、財源を負担できる年代層が減少傾向であるいま、保険治療の予算は減る一方なのです。

現在では、金属の素材に代わってセラミック(陶器)を使った素材があります。これを使用した治療が「セラミック治療」です。

このセラミック治療は「安全性・健康面・耐久性」に優れており、天然歯に近い質感と見た目が得られる最新の治療です。

保険外の治療になるため、安価ではありませんが価格以上に価値のある治療ですので、気になる方は一度お問合せください。
当院では全てのセラミック治療を院長の稲葉が行います。

治療例

1本1本、拡大鏡を使ったこだわりの精密治療を行っていますので安心・安全に治療を行うことができます。

0568-83-0008

初診のご予約